2013年06月29日

2013/6/29 脚本作りA

日本映画大学 新百合ヶ丘キャンパス 9:00〜

午前中は映画を鑑賞しました。

2013脚本2鑑賞

その後、指導スタッフより、登場人物間の人間関係などの解説がありました。

2013脚本作り2ディスカッション

ジュニアのみんなは、自分たちの脚本作りに役に立ったかな?

昼食をはさんで、午後からは脚本作りでした。

まず、各々書いてきた脚本を読み、互いに意見と質問をしました。
なかなか他人の作品を指摘しづらいのか、「〇〇が良かったです」とか「〇〇がいいと思いました」という意見が多かったように感じましたが…

この日は、作品の候補を3作品に絞りました。

候補@ 廃部の危機にある落語研究会とその部員たちの物語
候補A 人の心の声が聞こえるようになった中学生の物語
候補B 全く団結しなかったクラスが、ある目標に向かって団結していく物語

この3作品の作者を中心にチームをつくり、ジュニアとボランティアスタッフがそれぞれ好きなチームに加わって、チーム毎で話し合いをしました。

次回は、そのチームで話し合いをした後、それぞれプレゼンテーションを行い、1つに決定する予定です。
タグ:2013 制作日誌
posted by シネマウマJr at 21:09| 2013

2013年06月22日

2013/6/22 脚本作り@

日本映画大学 新百合ヶ丘キャンパス 9:00〜17:00

今日は脚本の話し合いをする前に映画を観て、鑑賞後、感想・良いこと・悪いことについて話し合いました。最初はなかなか感想を言い合えなかったのですが、時間が経つにつれて色々な発言が出て、大人が想像していた以上に『映画が伝えようとしたこと』『シーンごとに意味していたこと』など、行間を深く読み解いていて少々驚きました。

2013脚本1

午後は、宿題となっていた作文について各自発表、ジュニアとスタッフ全員で意見・質問を言い合いました。これまた最初は互いに気を使っていたのか、あまり意見が出せなかったジュニア達でしたが、話し合いが進むにつれて、色々な意見が出るようになりました。

この日の最後に、指導講師より『脚本の書き方』のお話があり、次回までに『作文』の形から、セリフやト書きなどを書く『脚本』の形にするように宿題が出されました。
タグ:2013 制作日誌
posted by シネマウマJr at 22:49| 2013

2013年06月16日

2013/6/16 オリエンテーション

新百合トウェンティワンホール 第三研修室

image.jpeg

今日は2013年のワークショップ初日でした。

まずは参加者、スタッフ全員の自己紹介を行いました。9名のジュニアたち、その倍ぐらいの人数の大人たち。お互い名前を覚えるのも大変ですが、少しずつ距離を縮めていけたらいいですね!

その後、スタッフから参加の心構えや注意点などを話し、指導講師の熊澤さんからは「映画制作をするスタッフにはどのような人たちがいるのか…」など、映画についてのお話がありました。

昼休みは、初日ということでなかなかお互いに話をするという雰囲気ではなかったですが、わりと年の近い大学生のスタッフと一緒に食事をして、トークが盛り上がっている人もいました。

午後からは、フィールドワークということで映画関連施設の見学をしました。

さぁ、この夏はどんな夏になるのかな?
ジュニアも大人も、みんな力をあわせてがんばりましょうね!
posted by シネマウマJr at 22:00| 2013